劇作家相馬杜宇のOfficialBLOG

32歳、脳出血発症中!劇作家の相馬杜宇がホッピー、コンテンツSEO、病院の不可解さについて語るブログです。

歯医者体験記【気になる結果をレポート!】

 

現在、「イビキ その後」、「必殺 便秘」で上位にランクイン!
絶好調の中、思わぬ刺客があった!

 

ついにこの日がやってきました。

 

 


歯医者の日。です。

 

 

「はあ?歯医者?」と思われた方、こちらの記事をご覧ください。

>口腔内を衛生的に保つコツ

 

 

もう死刑台に立つ死刑囚の気持ちです。(大げさ?)


たいがいリハビリの先生って症状を言うと、

 

 

マズいね・・・

って言うんです。不敵な笑みを浮かべて。

脅かすなよ・・・。

きっと口の悪い歯医者は言うでしょう。

医者「どうして早く歯医者に来なかったの?」と。


じゃあどうすれば?

声を大にして言いたいですよ。100万ヘルツにして言いたい!
歯がしみることは何週間も前に言ってありました。それを延ばし延ばしにしてるって、そりゃあんまりでしょ?

 

 

 

 

 

 

 

所詮後の祭りです。


これからどんな恐ろしいことが行われるのか・・・?

ほぼやけくそ気味でレポートしたいと思います。
午後18時 ディナー

最後の晩餐です。今日のメニューはこちら。

 


悪くないです。

 


ドレッシング味がありますし(ノンオイルだけど)、ハンバーグ一応野菜の味しましたし(薄味ですが)。

 

 

 

 

 

 

侘しい・・・


 水分補給のため、水を飲もうとすると、

 

 

 

 

 

 

 

 


『イテッ』

 

奥歯が染みました。

不安は募るばかりです。

 

 

朝7時 起床


目が覚めるとこの時間でした。
昨夜は『仁義なき戦い』の夢を見ました。
おどれじゃ、おどれがやらしたに決まっとる!」
(現代訳:)あなたです。あなたです。あなたがやっているのに違いありません。)

 

 

 

 

がこだましてました。

 

 

看護師さん、やさしいと良いけど・・


は黙って「ひげ剃り」です。

むかし、むしゃくしゃしたときに愛用しておりました。使ってるのはシックハイドロ。
切れ味がいいんです、これが!
時々カミソリ負けしてしまうんですが。

そう言えば、血が止まらなくて大変でした。唇と口元。ティッシュ押さえても全然血が止まらなくて。

そもそも唇は血管集中してるみたいです。https://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q1343511808?__ysp=5ZSHIOatouihgOazlQ%3D%3D

不吉……。


明けても歯医者、暮れても歯医者、見渡す限り歯医者・・・

血だらけの歯医者を想像してしまいました。

 

(小声で)歯医者さん、やさしいといいけど…


さっき流血した、唇の上と、口元を傷つけないよう細心の注意を払い、たっぷりローションを塗ってシェーバーします。

 

 

 

 

 

あっ・・・

 

顎の辺り流血しました。


ますます不吉です。
弾のような血が溢れだしました。止まりません。
ティッシュ押さえても全然止まる気配が無いので、看護師さんに頼んで絆創膏張ってもらいました。

このせいでかさぶたを避けながらシェービングしなきゃならなくなりました。
トホホ…

 

午前9時 理学療法


時間になりました。諸般の事情でストレッチは無し。色々あるんです、私も。
歯医者さえなければ、バラ色の生活なのに、、、

 

完全に気もそぞろです。
 
まずベテラン理学療法士にあごが絆創膏なのを突っ込まれます。
事の顛末を話すと、笑われました。
ベテラン理学療法士から土曜日はマドンナカットになったと告げられました。


一週間の予定ではナント土曜日にマドンナ理学療法士に割り当てられたのです!

 

 

 

 

良かったぁ・・・ 


思ったら、マドンナが通りすぎました。

ベテラン理学療法士「(わざと聞こえる声で)でさあ、マドンナの件だけどさぁ、」
相馬「やめてやめて!その話しないで!」

 

完全にいじられてます。

 

その後、マドンナが見える前で、わざとブログをプリントアウトして置いたらしいです。

そこまでするかよ・・・

ベテラン理学療法士「でも何で興奮するかなぁ、ダイレクトじゃないのに」
相馬「想像すると・・・」
ベテラン理学療法士「AVとか大したこと無いのに」
相馬「日活ロマンポルノとかエロいですよね」
ベテラン理学療法士「分かる!!」

しばし、日活ロマンポルノの話で盛り上がりました。
相馬「最強にエロかったのが、喘ぎ声が聞こえたと思ったら、歯医者の診察シーンだったんですよ」
ベテラン理学療法士、爆笑。
相馬「ああ、ロマンポルノと言えば、(急にトーンダウンして)今朝歯医者があって・・・」
ベテラン理学療法士「歯医者?」
相馬「冷たい水飲むと染みるんですよ」
ベテラン理学療法士「へぇ、そうなんだ」
相馬「ちょっと怖くて・・・」
ベテラン理学療法士「怖い?」
相馬「歯医者苦手で・・・」


「情けねえこと言ってんじゃねえよ」というような反応でした。

 

言うんじゃなかった。

女性理学療法士が「その絆創膏どしたの?」と聞かれると、

 

ベテラン理学療法士「エロいこと考えてて」

 

早いよ、ベテラン理学療法士
「あらまあ、ウフフ」と通りすぎました。

 

真相は闇の中です。


13時に装具が完成すると言われ、13時待ち合わせで行くことに。

歯医者さえなければ・・・

病室に行くと、早くも女性がたむろしてました。


ソーシャルワーカーさんに言われて、今日保健師が見学することになっていたのです。

 

るからに30代。物腰が柔らかくても、「言うときはちゃんと言うぞ」みたいな方を想像しました。


自己紹介から、身体のコンディションについてお話ししました。
早く終われよ・・・チラッと見たら知り合いからLINE来てるのに・・・
でも保健師さんは「まだまだ話したいことがいっぱいある」という感じで質問責めに遭いました。


母到着。

 

しめた!!
自己紹介をソコソコに、LINEをチェック。
保健師さんが怪訝そうにすると、
母「忙しいみたいで」とフォロー。「すいませんねえ、ホント」と忙しさをアピール。
すると、言っておかねばと思ったのか、

保健師「私の経験から言わせていただくと、皆さん職場からの疲労感がホントにホントにホントにホントにホントにホントにホーントに大きくて、皆さん苦労されてます。ただ職場にいればいい訳では無いんですね。そのためには自立に向けて働かなければいけないわけで~」
相馬「今話していて思ったんですが、業務的にそれほど複雑なものではありませんし、工夫次第で在宅でも出来ると思うんですね」

 

 

 

 

保健師(パッと明るくなり)在宅でいけるんですか!!?」
相馬「あくまで又聞きですけど、在宅でもいけそうだと社長も話しています」

母「」社長さんも人格的に素晴らしい方です」

 

 

保健師「(超明るくなり)大丈夫そうですね!!」

 

 

だって嫌ですもん、ティッシュ配るとか。淡々と電池交換するとか。
断然文章書いていたいし(←応援よろしくお願いします!)!
しかし頭が冴え渡ってます。昔なら在宅と言われて落ち込むようになりましたが、冷静に物事考えられてます。

 

 

 


成長したな!!


おっと、作業療法の時間だ。失礼!

 

10時35分 作業療法
作業療法はベテラン作業療法士さんと一緒です。つまり手のリハビリですね。
若干緊張こわばってますが、なぜなら、

 

 

 


歯医者だから。

 

あと1時間ちょっとか・・・

 


ゲームオーバーで流れる、悲しい音楽が流れ出しました。
すかさず母も同席。
見学に来るため、母も同席します。

 


これがもう喋る喋る!誰が主賓かそっちのけで、ずーっと喋ってます。
私も負けじとマドンナネタで応戦。
かさぶた取りたい欲が出て、流血しました。

母が持っていたド派手な絆創膏を貼ります。

絶妙なタイミングで、ソーシャルワーカー保健師さん到着。
保健師と母で、ベテラン作業療法士さんとソーシャルワーカーさんの間で、青年団顔負けの同時多発会話です。

 

相馬「あと20分・・」
ベテラン作業療法士「ああ、歯医者?」
相馬「(苦々しく頷く)」
ソーシャルワーカー「大丈夫だよ、先生優しいし」
ベテラン作業療法士「ああ、歯医者行ったんでしたっけ?」
 
ホントかよぉ。。。
一応口腔外科って書いてるけど、全然見つからないし、どこにあるの?って話だし、いくら物腰柔らかくても実は強引じゃないの?日活ロマンポルノじゃないの?
あっ、時間!ヤベ、全然時間無い!トイレ行きたい!

新米看護師がたむろしてました。

 


看護師さんに歯がしみると言ったとき、「ちょっと見て良いですか?」と言われて、

新米看護師「パッと見、大丈夫そうですけど」って!

 

大丈夫って言ったじゃないか!
素人全然アテになんないし! 
看板に偽りあり!

新米看護師「場所分かります?」
知らないよぉ、どこ?
新米看護師「ご案内しましょうか?」
はいはいするする、

 

その前にトイレ!

 

用を足してると母の声がガンガン聞こえました。

トイレを済ませると、

 

新米看護師、よそ見してる。

 
完全に油断しすぎです。

相馬「歯医者ってどこですか?」
新米看護師「あー知ってるので、」
相馬「何階?」
新米看護師「2階です」
2階なんて無いし、


ちゃんとありました。


死角の右側に、


午前11時30分 口腔外科

相馬「歯医者実は苦手で、、」
新米看護師「私もです(受付に)山口(※本名)さん入られました!(相馬に)じゃあ私はこれで。」 
え?行っちゃうの~!?
待って待って~~~!!!


受付「(爽やかな艶かしい女性の声で)山口さんどうぞー」

女医さん!?
おそるおそる診察室に入ると、

なんと、

 

 

 

驚くべきことに、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水卜アナ激似の方でした!!

どのくらい似てるかと言うと、
「え?本人?」というくらい似てて、七沢病院の引っ越しの際、偶然同じチームになり、しれっとネームプレート盗み見して、エゴサーチするほどです。
そして、かなりどうでもいいですが、

 

 


正直に告白すると、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


水卜アナ大好きなんです!


マジで結婚しようと思い、ラブレター書いたことありました!
七沢病院から神奈川リハビリ病院に引っ越して以来、水卜アナ激似の方は姿が見えず、「最近どうしてるかな・・・」と思ってました。

いわば運命の再会です!

 

ぜひ女医さんに診察されたい!

これからどんな苦難にも耐えられます!!

 

水卜アナ激似「ちょっとお待ちくださいね~」
待ちますよ~、待ちますとも!!
水卜アナ激似「(先生に)お願いします」
あれ?女医さんじゃないの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


主治医「山口さんこんにちは」 

老舗ホテルで勤め上げたような、実に物腰が柔らかい好好爺(こうこうや)
でした!

主治医「誠に恐れ入りますがこちらに腰掛けていられますか?」
何とか乗り移りして座れました。
でも椅子を倒すって、想像しにくいような、、
主治医「大変失礼します、ちょっと倒させていただきますね」

早い!メリーゴーランド並み!

 

 

 

が、

 

 


やっと倒すと、本人確認のことでトラブルに。多いですね、最近。本人確認を「受け取った」「受け取ってない」ことで揉めてます。

しょうがないので、ネームバンドで代用しました(カタカナしか書いてない)。

主治医「それでは一度検診させていただきます。山口さん虫歯になられたことはございますか?」
相馬「それが一度もなくて。よく歯医者では虫歯になりにくいと言われてます。」完全に自己弁護。
主治医「左様ですか。それでは拝見いたします」

 
やさしい歯医者さんだ!


 ソシャルワーカーさんが言ってた通り!・・・でも分かんないぞ、あとで重大な問題が見つかることも・・・
っ主治医「●番けんぜん、●から●番けんぜん…」
ひゃー、歯科検診みたい。「C●」があると、たぶん虫歯のサインだな・・・お、言われなかった!

 

 

 

 

 

その時です!

 

 

メモしていたおばちゃん歯科衛生士が、
おばちゃん歯科衛生士「ああ、やっぱそうなんだぁ。。。」

 

え?何?何があったの?


診察室から上がると、


主治医「山口さん、今回左のご病気をされまして、左の歯茎が上に上がってしまっているんですね」

 

 

 

メスか・・・

 

まぁ仕方ない、口腔外科だし。

相馬「(おそるおそる)それで、虫歯のほうは…?」
主治医「虫歯は無いようです」
え、無いの?
主治医「(極めて丁寧に)シュミテクトってご存じですか?」
相馬「まぁ名前だけは…」
主治医「そちらをお買い上げいただいたほうがよろしいかと思います」

シュミテクト買います!!

主治医「少し汚れを取りますので、倒します」
ああ、歯石取るのね。
主治医が「前の歯、失礼いたします」

「下顎、失礼させていただきます」と言ってくれるので、不安は一切ありません。
おばちゃん歯科衛生士「あらぁ、綺麗に磨けてるわねえ」
水卜アナ激似「ねえ!」
主治医「この調子で続けていただければ大丈夫かと思います」
あんまり褒めてくれるので少照れ臭いです。
しかし、


水卜アナ歯科衛生士にバキュームされたかった・・・ (ちゃっかり歯科衛生士であることはチェック済みです!)

主治医「それでは終了となります。おうちに戻られてからシュミテクトを…」
ああ、シュミテクトね。お任せください。
本人確認用のネームプレート(通称ハワイの花輪)を渡され、診察室をあとにします。

 

全て解放されました!
もう冷たいものしみることで気を揉む生活とおさらばです!

全てがバラ色です!!!
え?親しらずの穴?


気のせいだったみたいですね。

 

ジャイアンちょい似看護師「歯医者どうだった?」
相馬「何もありませんでした♪」
ジャイアンちょい似看護師「良かったねえ。ネームプレートだけもらっちゃうよ」

ハワイの花輪ね!

病室に着くと、母に「良かったら使って」と言われた電気カミソリは切れ味抜群でした!


とりあえず、今度はブラウンを愛用したいと思います。