劇作家相馬杜宇のOfficialBLOG

32歳、脳出血発症中!劇作家の相馬杜宇がホッピー、コンテンツSEO、病院の不可解さについて語るブログです。

:温泉

f:id:aiba-yamaguchi:20170519075727j:plain

七沢病院の温泉は良かったなぁ♪

  ところ変わって七沢温泉

  スタッフが入浴の介助をしている。

  できれば、入浴の解説付きで。

相馬 七沢温泉はリフトバスになっていて、自動的に機械で吊り釣り上げられます。大久保病院にいた時はシャワーだけだったので、水責めにあったり、耳に水が入ったりで大変でした。

スタッフ 上がりまーす。

相馬、チェアに乗り、専用の機械で吊り上げられる。チェアに向かった先先は浴槽がある。

 相馬 七沢温泉は軟水です。専門的なことは分かりませんが…、柔らかくて、やさしくて…、なんかいい感じです。

スタッフ達  (湯船につかる音)ざぶーん。

 相馬 湯船に浸かると、「こっちに動いて欲しいなー」と思った時にちゃんと動いてくれてなんか希望が持てました。…まぁ、昼やった時駄目でしたけど…。この時ほど重力の偉大さを思い知らされます。

スタッフ 掛けるよー。

  スタッフが打たせ湯をする

相馬 打たせ湯は「ここまで掛けるか?」ってくらいにめちゃくちゃ掛けてくれる時と、そうじゃないときとバラバラです。きっと何年も、何十年も蓄積されるノウハウがあるんだなぁ…

  隣の人達が鼻歌を歌っている。

相馬  お隣さんです。みんな気持ち良さそう!

スタッフ 上がりまーす。

  相馬、専用機械で、チェアを引き上げられる。

相馬 至福のひとときはついにお別れです。温泉に入った時はぶるっと寒くて、何か恋人にフラれた気持ちです。

相馬、専用機械が到着する(床に降りる)。

スタッフ (手すりを示し)ここ立てる?

相馬、手すりに捕まって立ち上がる

   スタッフ、仕上げのシャワーで洗い流す。

相馬 頑張って左足で立とうとすると震えちゃうので、一本足打法のような

 イメージで立ち上がります。昔は「っぴり腰だぞ」って笑われたっけ…。失もう鍛えられました。

スタッフ、車椅子を運んできて、相馬が座りやすい位置にセッティングする。

スタッフ どうぞー。

 他のスタッフ 座っちゃって。

相馬、車椅子に座る。

  車椅子を後ろに引くと着替えモードになる

着替えやらドライヤーを乾かすやら。

相馬 着替えはスタッフ総出で手伝います。…いやぁ、全てが淀み無いです。

スタッフ 寂しくなるね-。

 相馬 え?

スタッフ2 いや七沢終わりになるからさー。

 相馬 そうなんですか!?

スタッフ あれ?聞いてない?

スタッフ2 バタバタだもんねえ、七沢閉まっちゃうと。

スタッフ  機械処分しちゃうの。、

 相馬 無くなるってことですか?

スタッフ2 そうそう。

スタッフ シャワーだけになるらしいよ

相馬 シャワーだけ?

スタッフ2  今んとこはね。

スタッフ  (ドライヤーを見て)大丈夫?

相馬、ドライヤーの乾き具合を見て、

 。

 相馬 (頷く)

スタッフ よしと(他の着替えの準備をする)……

相馬  寂しくなりますね…

スタッフ2  ホントよ。

スタッフ  山口さん出まーす!

スタッフ、相馬を車椅子から運びだす。

 相馬、一人になる。

相馬 温泉がなくなる……?

相馬、呆然と立ち尽くす