劇作家相馬杜宇のOfficialBLOG

32歳、脳出血発症中!劇作家の相馬杜宇がホッピー、コンテンツSEO、病院の不可解さについて語るブログです。

『飲食禁止』

f:id:aiba-yamaguchi:20170519065159j:plain

 

『飲食禁止』

とあるリハビリ病院のナースステーション。

病棟には「病棟内の一切の飲食物を禁じます」という貼り紙が派手に貼られている。

そこに患者風の車椅子の男が現れる

 

男 すいません。

 

職員が振り返ると、男はこれ見よがしに一つのおにぎりを掲げる。

職員たち、衝撃が走る。

 

医師 何やってんだ!

男 クソ不味い飯食わせやがって!

看護師 やめなさい!

        

医師 お前なあ、そんなことしたら、

 

男、おにぎりを頬張る。

職員たち再び悲鳴。

男、思いとどまる。

ホッとする職員。

 

医師 どうしたんだよ。

男 不味すぎだろ!

看護師 不味い?

男  ぬるいままじゃねえか、豚汁!味もそっけもねえよ!

医師 だからそれは、病人のために体調管理してるんで、

 

男、なりふり構わずおにぎりを飲み込もうとする。

 

職員たち超動揺する。

男、すんでのところでおにぎりを止める。

胸をなでおろす職員たち。

 

医師 分かった、豚汁は熱いままでやるから。

看護師 その代わりおにぎりを、

男 味がなぁ…

医師・看護師  味? 

男 薄味でさぁ、中華炒めなんか味もそっけもねえし。

医師 病人だから当たりだろ!

 

男、おにぎりを口に食わせようとする。

職員、万事休す。という反応

男、食おにぎりを元に戻す。おにぎりは何も残っていない。

医師 食べた…?

 

男、首を振る。

職員たち、おにぎりを食べてないことを確認する。

ホッとする職員たち。

医師 じゃあ分かった、こうしよう、中華炒めは今まで通り、塩分10グラム以内で。

男 薄っ。

医師 薄味なんだよ!

 

男、みたびおにぎりを食わせようとする。

医師 分かった分かった!

医師・看護師 おにぎり、こっち渡して!

男 サーロイン。  

医師・看護師 サーロイン?

男、ステーキを食べる真似。

医師 あ、ステーキね…

看護師 ちょっとコレステロールが…

医師 血圧がなぁ……。

男 なめんじゃねえよ。

 

男、おにぎりをむしゃくしゃ食う

 

職員たち あっ…、あっ…、ああっ…!

男、おにぎりを食べ終わる。

男 あー美味しかったー。

職員たち……。

男 ん?どうしたの?

医師 退院です

 

男 え?退院?

看護師 飲食バレたらただちに退院することになってて……

男 そうなの?

職員たち 知らなかったんかい!

 

職員たち、男をどつく